JiMOCA

1906_09_logo

小淵沢 井筒屋

鰻を食べて心から嬉しくなって いただきたいという思いを込めています。

イメージ01

イメージ02

イメージ03

串打ち三年、捌き八年、焼きは一生。
関東風の仕事を毎日、基本通りに続けています。捌き、串打ちなどの技術は当然のこと、焼きは一生かからないと完成しないといわれています。 美味しく焼き上げるのはもちろん、美しく仕上げる事が職人としての最上の仕事と思っており、一枚一枚全力で焼き台に向かっています。その蒲焼をお客様に美味しく召し上がっていただけたら、職人としてこれほどの幸福はないと思っております。

お店の紹介

平成8年(1996)7月に「井筒屋」の名で「鰻屋」として開店。 平成26(2014)年の2月より、北欧のアンティーク家具を揃え、テーブル・椅子席にリニューアルしました。これからも皆様に愛される店づくりを目指し、精進していく所存でおります。 和洋折衷の異空間で、日本の伝統食「鰻」をぜひご賞味ください。

商品・サービス

商標登録 かめ塩のうなぎ 4300円(税込:4644円)…白焼きを山の塩・山椒であわせました。

特選重箱 4800円(税込:5184円)…大きめサイズのうなぎの蒲焼の重箱

うな箱一のう 重箱 4200円(税込:4536円)…定番の蒲焼の重箱

その他メニュー

※提供に40分程度かかります。

フリーコメント

焼き物は「備長炭に勝るものなし」と考えています。電気やガスの焼き台ですと火力を一定にしやすいのですが、備長炭は炭の太さ、空気の流れにより火力の調整が難しく、熟練した技が求められます。その分、格別な味わいに仕上がります。
※予約優先です。事前にご予約をお願いします。TEL:0551-36-5990

ホームページはこちら
オンライン入会
JiMOCAのお申込みはこちら